バストアップクリーム

MENU

脂肪移動のマッサージにバストアップクリームはおススメ?

ブラジャー

 

脂肪移動させて胸を大きくすると言えば、バストアップマッサージを思い浮かべる方が多いと思います。

 

マッサージをする時は、皮膚の摩擦を避けるために、オイルやクリーム、ジェルを使うのが一般的です。

 

では、脂肪移動の際には、バストアップクリームを使うとより効果が期待できるのではないかと考える方もいるのではないでしょうか。

 

そこで、バストアップクリームの特徴についてご紹介していきます。

 

バストに直接塗り込むので副作用がない

 

バストアップサプリは、体質によって合わなかったり、効きすぎてしまったりするので、副作用を起こしてしまう方がいますが、バストアップクリームは、直接バストにのみ塗り込むので副作用がありません。

 

安全にバストアップに取り組みたい方にお勧めです。

 

ボルフィリン配合

 

ほとんどのバストアップクリームには、脂肪を増殖させる働きがあるボルフィリンを配合しています。

 

女性ホルモン分泌に関係せず、あくまでも塗りつけた場所の脂肪を増殖させることができるので、安全です。

 

ボルフィリンはハマナスから抽出される成分です。

 

植物から抽出されるので安全性も高く副作用の報告はありません。

 

と、ここまで見てみると、脂肪移動のマッサージのためにバストアップクリームはお勧めできる商品といえます。

 

しかしバストアップクリームは重大な欠点があります。

 

★成分の浸透について

 

ボルフィリンは脂肪を増やすといわれています。

 

つまりは、バストアップクリームの成分が、バストの脂肪に届くと脂肪がどんどん増殖していくんですね。

 

しかし、バストアップクリームは化粧品ですから、薬事法上、浸透は表皮の角層までとなっています。

 

角層の下に、顆粒層、有棘層、基底層、真皮と続き、さらにその下に脂肪があります。

 

脂肪まではバストアップクリームの成分は浸透していきません。

 

バストアップクリームの販売元のホームページでも確認できますが、「浸透は角層まで」って記載があります。

 

つまり一番大切な場所には届かないのです。

 

ただし、保湿効果があるので、全く無意味というわけではありません。

 

でも、保湿効果を求めるのであれば、ニベアなどでも十分ですから高いお金を出してバストアップクリームを購入する必要性はあまりないのですね。